Self Bloom

他者・社会から自分たち(特に女性を対象)が物質、商品化され、消費されていると感じる。経済を回すために、生産性を向上するために、わたしたちのリアルな容姿とリアルな感情を殺そうとしているのではないか。鏡を見ている間や自撮り(セルフィー)をしている時は、自分で自分を生産し、消費している。外側の世界が私の容姿や考えを否定していても、私が独りで自分と向き合っている間は誰もそれを邪魔できない。街を歩くとたくさんの女性たちが常に自分の容姿をチェックしている。鏡ではもちろん、証明写真機やスマートフォン、SNSの発達などにより、彼女たちは自己を日常的に強く感じている。たとえ自身の容姿や人格、人生で悩み、自己憎悪に陥っても、スマートフォンのアプリや加工機能を利用して、理想の自分に変身し、その自分を写真として物質化することによって、他者と共有できない幸せを獲得出来る。しかしその幸福は鏡や液晶画面という小さな枠の中でしか実現できなく、恒久的な解決にはならない。少しでも目を離せば、自分と全く違う容姿を理想と掲げるメディア、自分の声明を否定する文句が数多く存在している。もし彼女たちが自信を失っても、少なくとも私は彼女たちの多様性や不完全さを賞賛したい。

 

他者が描いた自分の理想の姿や成功像に騙されないで。定義付けられた幸福に息苦しくならないで。差異に傷つかないで。わたしたちはみんな違うが、みんな大切で必要だ。不完全で完璧。正解も不正解もない。個性は美しい。自分だけの特徴があるのは大きな財産だ。そしてその美しさに気付くことも尊く、美しい。

Self Bloom

 

​I get the feeling that people (especially women) are gradually being materialized, commercialized, and consumed by others and society. It's like they're killing off our actual looks and feelings for the sake of keeping the economy rolling and improving productivity. When we look in a mirror or take selfies, we are producing and consuming our own selves. Even if the outside world rejects my looks or thoughts, nothing can bother me while I'm alone and looking towards myself. When I walk through the town, I see plenty of women constantly checking their appearance. Mirrors are one thing, but the development of ID photo booths, smartphones, and social media makes women painfully aware of how they look every day. It doesn't matter if they're troubled with their looks, personality, or general lifestyle; even if they're trapped in some spiral of self-exacerbation, they can use a smartphone app or some image processing function to transform into their ideal self, materialize that self in the form of a photograph, and obtain a kind of happiness that can't be shared with others. If you take your eyes away from it all for just a bit, you'll see that dozens of media exist proclaiming that appearances that completely differ from yours are ideal, or hear many complaints to deny your own declarations. These women may have lost their confidence, but at the very least I want to praise their diversity and imperfections.

在当今这个信息泛滥、似乎唯有大众认同、唯有名声显赫方才有存在价值的时代,通过两名艺术家,来显示通过自身的思考找出打动心扉的事物中存在的价值,以自身最为擅长的艺术手法予以表现这一主题。那里有人性的温暖,有超越时间、性别乃至生死的感动。我认识到那正是希望的所在,将其制成了视频。视频的前半段,以黑白特写的方式表达了福圆先生在世时不被他人理解的心酸悲伤和忧郁。后半段则是由濑野女士来讲述福圆作品的价值所在,以彩色远景的方式表现出福圆先生对作品倾注的心血以及终于被他人所理解。最后,我将濑野女士的拍摄身影和福圆的声音相重合,试图表现他们两人在这部作品中得以相逢。